その他 人生哲学

皆さん自分の体のことどのくらい分かっていますか? 夏バテ予防のために炎天下走って体を慣らしてみた

投稿日:

筋肉

こんにちは岩田タクです。

最近暑いですね。宮城でも30度を超える日があります。

体が暑さに慣れていないと、バテちゃいます。



体がつらいのは格差のせい

 

夏ばてをしたり、風をひいたりするのは例えばその日だけ暑かったり、寒かったりするからではないんです。

もちろんキャパオーバーの場合はその時の暑さや寒さでやられますが、たいていの場合は格差があるから。

その格差に体が対応しきれないために具合が悪くなります。

 

例えば朝方は20度、昼は30度の場合、1日の中で10度も開きがあります。

こんな日が続くと体調を崩してしまいます。

 

天気予報を見るときはその日の最高気温、最低気温だけでなく、格差も見てみるといいかもしれません。

格差が大きければ体を保温する上着を持って行く。

また、格差が少なければ自己の体温調整に任せてみる、とか。

貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!

私的夏ばて予防【マネしないでね】

 

じゃあ、暑い日は高い気温に、寒い日は寒い気温に体を慣らせばバテにくいんじゃね?

とおもって、こんなことをしてみました。

 

炎天下ランニング

 

  • 敢えて気温の高い13~15時に外を走ることで無理矢理体を暑さに慣らす。せいぜい3km位でしょうか。
  • 走っているとちょっとクラクラしてきます。でも、このクラクラがいい!!
  • ちょっとクラクラした状態を維持してしばらく走り、その後かえってシャワーを浴びます。気持ちいい!
  • その後しっかりと休む。

大人から子供まで幅広く楽しめる3D模型

無理矢理体の熱を上げた状態を作ることで自分の体を慣らしてみました。

ちなみにこれは全く個人的な人体実験ですので皆さんは絶対マネしないでくださいね。

 

皆さんは自分の体のことを分かっていますか?

 

なぜ「炎天下ランニング」なんて記事を書いたのかというと、皆さんは自分の体のことをどれくらい把握しているのかと思ったからです。

私自身自分の体について意識が薄かったのです。

そして、なんだか分からないままに風邪を引いたり、体調が悪くなったりした時期がありました。

 

体は人生においてずっと付きそうパートナーです。

そう思ったときに自分が自分の体すらも分かっていないと猛烈に恥じ、そして炎天下ランニングに至ったのです(支離滅裂!!)。

 

元陸上選手でタレントの武井壮さんが「脇・掌・肘の内・股関節・膝裏の体温と、室温・気温・風を測定して、どういう状態のときにどういう体調かを6年間記録し続けた」のは有名な話です。

 

自分の体を自分でハックし快適な人生を送りましょう。

私も炎天下ランニングに続き、いろいろやってみようと思います。



-その他, 人生哲学

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.