日本の文化 歴史

元号は本当に必要か? その1 なぜ元号を使うようになったのか? 

更新日:

平成

こんにちは岩田タクです。

元号が変わるときが着々と近づいています。

今回はそれにちなんだ記事です。



そもそも元号はいつ始まったのか?

 

日本最初の元号は大化。

「大化の改新」の元号です。

西暦645年から始まりました。

それ以前は日本に元号を使う風習はありませんでした。

 

本格的に元号を使い始めたのは「大宝律令」から

 

大宝律令により「元号を使う」ことが始まりました。

大宝律令とはざっくり言えば国家的な法律です。

西暦701年に制定されました。

この頃になって朝廷の権力が全国的に及んできました。

当時隣国が不安定だったことから自国を安定させようとし、国家の法律によって国をまとめようとしました。

それが大宝律令です。

 

そしてこれに正式な書類には元号が定められました。

そもそもこの大宝律令は中国の律令を参考に創られました。

なので「元号を使う」ことも中国の真似でした。

アジアの漢字圏の国にはこの文化があるみたい。

 

国内最大級の品揃え【DMM.com 電子書籍】

元号を使う意味

 

ではなんのために元号を使うのか?

それは時の王朝の権力を示すためです。

王朝の権威を示し、国をまとめるため。

または、書類手続き上の便宜という点もあると思います。

 

じゃあ、元号は天皇による支配の証なの?

 

現在のように「天皇が代替わりして、御崩御されるまでが一つの年号を使う」ということは実は明治時代に決められました。

それ以前は同じ天皇の御代でもころころ変わっています。

 

先ほど「王朝の権威を示し国をまとめる」と書きました。

確かにそれは国を支配するという一面もあると思います。

しかし、日本の天皇は他の国の皇帝や王様とは異なります。

詳しくはこちら→「天皇について⑪ 無防備な城に住む王様」

天皇制は、自分が国を支配して民から搾取してやろうというものでは全くありません。

もしそうだとしたらとっくに革命が起こって王朝が変わっているはずです。

でも日本は同一の王朝が今も続いているのです。

 

世界情勢が不安定な中、国がまとまらなければ日本は周りの国に侵略されてしまいます。

そうならないように国をまとめる必要があった。

国をまとめるには権力を集中させる必要がある。

そのための「大宝律令」だ。

この考えが基本にあったのだろうと思います。

 

もちろん内輪の権力闘争もあったでしょう。

しかし、同一王朝が今でも続き、国の独立が守られているのが現状です。

権力闘争に現を抜かしていてはこうはいきません。

過去の人達なりに国のことを思っての政策だったのだと思います。

ここまでのまとめ

 

過去日本は周りの国から侵略されるのを防ぐため、自国の体制を整える必要があった。

そのための権力集中であり、律令制であり、「元号」もその政策の一つだった。

それが今でも続いている。

 

では現代において元号を使う意義って何でしょう?

今はもう時代が変わっています。

「元号なんかいらない」という意見もあります。

次回はそのことを考察してみたいと思います。

「元号は本当に必要か? その2 元号を使う意義」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

元号【電子書籍】[ 山本博文 ]
価格:1512円 (2018/6/29時点)

 

 

-日本の文化, 歴史

Copyright© 耽想独歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.