人生哲学

【自己啓発】全社会人に問う。あなたは覚悟とビジョンを持って生きているだろうか?

更新日:

ビジョン

こんにちは岩田タクです。

今日は人生の生き方について語りたいと思います。



人生の覚悟について考えたきっかけ

 

この前とある農家さんへ見学に行ってきました。

その農家さんは有機農法をやっていて、年間1000万を売り上げるような超実力派農家です。

その方に対して私の農業感を話したところ、こてんぱんに言われました。

参考記事→「食料安全保障」

「食糧自給率の落とし穴」

「食料安全保障を踏まえた農業形態」

「【妄想】これからの農家の形態」

「農業と日本の未来 AIやBIとの関係」

いろいろ言われた中で一番心に刺さったのは「覚悟とビジョンをもって人生を生きているか?」でした。

その質問に対して私は答えられませんでした。

 

人生のビジョン

 

3年後、5年後、10年後自分はどんな人生を歩んでいるのか?

自分はどこに立ち、どんな風景を見ているのか?

今の段階でそれを答えられる人はこの社会にどれくらいいるでしょうか?

私は具体的には答えられませんでした。

 

「10年後なんて分からない」そう思っていました。

しかし、「10年後なんて分からない」と思っていたら「なんだかよくわからない10年後」、「ふらふらして定まらない10年後」を迎える可能性が高いのではないでしょうか?

10年後に大成功する確率も確かにあります。

その確率を高めるために今のうちから「10年後に大成功する」というビジョンを持って10年間を過ごした方が全然良いですよね?

人生の覚悟

 

つまりは自分人生の中で何を成すのか?です。

そのビジョンを自分の中で決定する。

さらには声を出して公言する。

そして、公言したからには(どんな困難があっても)そのビジョンをやり遂げるだけの気概を持つ。

 

実際生きていく中では障害も多く発生するでしょう。

それを乗り切らなければ目標には届きません。

乗り切るために踏ん張る力になるのが「覚悟」ではないでしょうか。

 

さて、皆さんは「ビジョン」と「覚悟」をもって生きていますか?

また、皆さんの周りの人はどうですか?

 

私の人生

 

はい、「覚悟」も「ビジョン」もありませんでした。

思えば、だから流されるように生きてきて、周りに対して文句が先に出ていたのです。

自分がこうしたい、ということが薄いため、周りに対する関心も薄かった。

だから感性が育たないし、小説も売れないのです。

これからどうするか?

 

「覚悟」も「ビジョン」もすぐに決まるものではないと思います。

(もしかしたらすぐに決まる人もいるかもしれませんが)

しかし、私ももう32歳になるところ。

うかうかしてはいられません。

もう一度自分を見直し、なるべく早く「ビジョン」を形成したいと思います。

 

最終的には「幸せ」になれば良いと思います。

じゃあ私にとっての「幸せ」って何なんだ??

そして、それを実現するにはどうしたら良いんだ?

関連記事→「自分の人生を生きるために心を動かそう」

「【書評】さあ、才能に目覚めよう strength finder 2.0」

 

 

-人生哲学

Copyright© 耽想独歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.