昆虫

【虫好きの人へ】昆虫標本が見られる仙台の隠れた(?)名所。カメイ美術館

更新日:

カメイ美術館""

こんにちは岩田タクです。

今回は仙台市にあるカメイ美術館を紹介します。

圧巻の蝶標本を見ることができます。



プロフィールにもあるとおり私は昆虫が好きです。

最近はめっきり採集もしなくなりましたが、それでも標本を見ると未だにワクワクします。

仙台市において昆虫標本が見学できる施設路しては仙台市科学館があります。

仙台市科学館も良いのですが、標本の数が若干少ない・・・。

 

もっと良いところはないか、と調べたところ、「カメイ美術館」を見つけました。

http://www.kameimuseum.or.jp/

 

街中にある本格施設

仙台駅から約800m。

徒歩9分の場所にあります。

入館料は一般300円。安い。

ただし、駐車場がないので、車の倍は近くの有料駐車場に止めることになります。

 

ちなみに絵画とこけしの展示も行っていますが、この記事では蝶標本について紹介したいと思います。

 

※一番近いのは「ペリカンパーク新寺駐車場」

カメイ美術館までは約300m。

宮城県仙台市若林区新寺1丁目5-2

8:00~20:00 100円/30分(ビジネス料金設定1,000円)

20:00~翌8:00 100円/60分(ビジネス料金設定500円)(ビジネス料金設定 1,500円/日)

 

蝶を中心に4000種、14000頭の標本を展示!!

カメイ美術館""

圧巻じゃないか。

テンション上がる~。

小学生の頃図鑑で見た世界の蝶を実際に見ることができます。

 

土曜の昼間だというのに閑散とした展示スペースには私一人だけ。

貸し切りじゃないか!

落ち着け、落ち着くんだ。

 

カメイ美術館で見られる有名な蝶達

 

  • アレキサンダートリバネアゲハ

鳥と間違えられて散弾銃で撃たれたという世界最大の蝶。

羽を開いた大きさが約28cm。

実物を見るともっと大きく感じます。

こりゃ鉄砲で撃つわ。

 

  • スカシジャノメ

羽が透明な蝶。

妖精と見まがうようなかわいらしさ。

こんな生き物が地球上にいたのか、っていう感動。

 

  • モルフォチョウ

翅が青く輝く大型のチョウ。

その輝きはど派手で、本当に「空飛ぶ宝石」のよう。

 

 

このほかにもアカエリトリバネアゲハ、ミドリシジミ、ミイロタテハ等など。

虫好きならば一度は見てみたいあれやこれやの蝶達が目白押しです。

 

甲虫類もすこし展示してあります

ヘラクレスやコーカサス、ギラファなどの有名どころはしっかり押さえられています。

カメイ美術館、わかってらっしゃる。

 

 

国内ではここでしか見られない。カメイ美術館の珍しい蝶

カメイ美術館""

写真はパンフレットに載っている物です。

なんと雑種のトリバネアゲハ!!!

自然界ではホントに珍しいことです。

カメイ美術館の他にはイギリスの大英博物館でしか見れないとあります。

意外に凄い、カメイ美術館。

 

 

このほかにも珍しい蝶を見ることができます。

カメイ美術館""

カメイ美術館""

 

 

まとめ

 

仙台の街中にちょこんとあるカメイ美術館。

ですが、その展示は素晴らしく、数が多くて、貴重な標本も見れます。

私が行った時は閑散としていました。

 

みんなこの展示の素晴らしさが分からないのか?

おもわずお土産も買ってしまいました。

蝶標本""

インドネシアのホウセキゾウムシ。

680円。

 

虫好きの人はぜひ行ってほしい。

特に小さい頃昆虫が好きでその気持ちが忘れられないまま大人になった人!!

あのとき図鑑でしか見られなかった蝶達を一挙に見ることができます。

激しくおすすめ!

私も必ずまた行きます。

 

 

-昆虫

Copyright© 耽想独歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.