国防

【災害準備】私の「備え」を紹介します ~持ち出し袋と備蓄食料~

更新日:

リュック

こんにちは岩田タクです。

今回は私個人が行っている備蓄や備えについて説明します。



過去の記事でさんざん備蓄や備えが大事だと言ってきましたが、じゃあ、おまえはいったいどんなことをしているんだ?

そんな疑問にお答えします。

過去記事:「備えの重要性1,2,3,」「原子爆弾への基本的な対処法12,3,」

 

私の備え

 

私は「持出し用リュック」と「2週間分の食料」の2つの備えをしています。

災害やミサイルなどで住居が使えない状況になった場合に持出すためのリュック。

逆に放射能やバイオテロなどによって住居に立てこもらなければならなくなったときのための2週間分の食料。

これら2つの場合を想定しています

それでは中身を紹介します。

 

持出し用リュックの中身

 

リュック

 

〈食料〉

水・・・2リットル×3本

キャンプ用のアルファ米(赤飯、五目ご飯、山菜おこわ)・・・3種類×3食分

缶詰(鯖水煮、鯖味噌煮、秋刀魚蒲焼)        ・・・3種類×3個

乾パン(飴入り)                  ・・・300ml容器1缶

インスタント味噌汁                 ・・・9食分

フルーツのど飴                                           ・・・1袋

 

〈衣服〉

タオル(大、中、小)                              ・・・数枚ずつ

Tシャツ、下着、靴下                              ・・・3~5セット

トイレットペーパー                                ・・・1ロール

貼るカイロミニ                                     ・・・5枚

雨具                                                 ・・・1着

アルミ防寒シート                                  ・・・1枚

帽子                                                    ・・・1個

 

〈救急用品〉

ウェットティッシュ、三角巾、絆創膏、消毒液、包帯、

 

〈雑貨〉

筆記用具、ガムテープ、モンダミン、電池、ライト、スマホ充電器(乾電池で充電できるやつ)、アルミホイル、ラップ、

 

〈その他〉

寝袋、ナイフ、十徳ナイフ、腕時計、ガスバーナー、ガス缶(バーナー用)、

ステンレスカップ(450ml)、割り箸、スプーン、

 

こんなところです。

各物資はジップロックに入れ、さらにリュックの内側に大きなビニール袋を設置して、2重に防水してあります。

また、どこに何が入っているのか?

食料の賞味期限はいつか?

などを紙に書いて取り出しやすいところにしまってあります。

 

これを見ることでいちいち物を取り出さなくともどこに何があるかが分かり、また、食料品の更新も一目で分かります。

(ちなみにリュックは自衛隊の駐屯地祭に行ったときに買ってきた物です。ただの趣味)

 

持ち出しリュック以外にも2週間分の食料を!!

 

〈食料品〉

水・・・2リットル×6本

冷凍ご飯・・・15合

缶詰(鯖味噌、鰯味噌など数種類)・・・14個

レトルトカレー・・・5個

 

〈その他〉

モンダミン、マスク、カイロ、除菌シート、携帯トイレ

 

こちらも品目を紙に書いて取り出しやすいところにしまってあります。

そして賞味期限を見て随時更新しています。

 

 

住居に籠もることを考えたときに重要だと思ったのが「トイレ」。

もしかしたら水が止まるかもしれません。

そんなときに垂れ流しでは衛生上、精神上よろしくありません。

震災の時にも避難生活においてトイレが困ったという情報があり、携帯トイレを準備しました。

 

ただ、水とご飯がちょっと少ないですね。

冷凍庫にはもう入りませんから、やっぱりアルファ米でも買うかな。

これは今後の課題です。

過去記事:「備えの重要性1,2,3,」「原子爆弾への基本的な対処法12,3,」

まとめ

 

以上私の「備え」をご紹介しました。

皆さんの参考になれば幸いです。

 

書き出してみると結構物が多いですね。

ちなみに持ち出し用リュックの中身は全部そろえるのに大体40000円ほどかかりました。

寝袋が一番高かった。

その他は家にあった使えそうな物を放り込んでいます。

この値段が高いのか、安いのか分かりませんが、こちらも参考までに。

 

ちなみにちなみに「持ち出し用リュック」の重量は約10kg。

これを持出すためにも体鍛えなきゃ。。。

 

必要な物資については、いろいろ考えるとキリがありません。

地震が起きた場合、家が壊れた場合、バイオテロが起きた場合、戦争が起きた場合、などなど。

しかし、「備え」は”これがあれば大丈夫!!”、という物ではなく、あくまで”ちょっとでも生存確率を高めるための物”です。

そう考えると物資の選考が少し楽になりますよ。

 

 

-国防

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.