その他 人生哲学

自分の人生の幸せってなんだろう? 人生に迷っている筆者が書く人生についての妄想

更新日:

悩み

こんにちは岩田タクです。

今日は「人生の幸せ」について考察、もとい自分の妄想を書いてみたいと思います。



何でこんな記事を書くのかというと、私自身人生に迷っているからです!!

なので、この記事は「人生に迷っているやつが書く、人生の幸せについての妄想」ということになります。

ご了承の上お読みください。

 

・私はなぜ人生に迷っているのか?

 

迷いはどうして生まれるのか?

それは自分の中にある理想と今現在置かれている現状が異なるために起こるのだと思います。

 

自分は本当はこんなことがしたい。

だけど現状それができていないし、今のままでは今後も見通しが立たない、お金もない。

私自身、そんな状況に実際に置かれてきました。

そんなとき私が何をしたかというと、ひたすら考えました。

 

自分はいったいどんな人間なのか?

どんな性格で、どんな物が好きなのか?

好きなことをするにはどうすれば良いのか?

お金はいくらくらいかかるのか?

今の仕事を続けていたら将来どのくらいの給料をもらえて、どんな役職になるのか?

そんなことをつらつらと考えていました。

 

でもなかなか答えは見つからず、思考は堂々巡り。

不安ばかりが貯まっていき、ついには一時的に考えることをやめてしまいました。

 

考えるのをやめれば当然答えは出てきません。

 

そうしてまた考えだし、ついにはじめに書いたような答えを見つけました。

理想と現実を一致させればそれが「幸せな状態」といえるのではないでしょうか。

 

この答えを見つけるのに私は3年くらいかかりました。

ホント、バカですよね。。。

参考→「真面目に生きるということ」

・理想と現状が違うのはどうしてか?

 

では迷いの原因たる「理想と現実の違い」はどうして生まれるのか?

それは、

  • 理想が高すぎる
  • 現状が酷すぎる
  • 理想と現実のベクトルが違う

こんなところだと思います。

 

この3つが混ざり合っているため考えがまとまらず、長い間迷ったのではないかと思います。

まあ、私自身慎重に考えすぎる性格だったというのもあると思います。

ではこの後はどうすれば良いのでしょう?

 

・理想と現状を一致させるにはどうすれば良いか?

  • 理想を実現するために現実を変える
  • 現実に合うように理想を変える
  • どちらにおいても妥協する
  • 悟りを開く

1が一番良いような気がします。

だけど失敗したときのことを考えると2に行きがち。

さらに失敗の不安が募って3になる。

もしくは、すべてを投げ出して出家する(笑)。

今現在はこのあたりまで考えて止まっている状態です。

さてこの後どうすれば良いことやら。

参考→「やる気が出ないときやスランプに陥ったときにそれを解決するためにとにかく行動することをおすすめしたい」

 

まとめ

 

ここまでつらつらと書いてきましたが、もしここまで読んで下すった方がいましたら、どうもお疲れ様でした。

そしてありがとうございました。

 

理想の設定については、当然ですが、どうしても自分本位になりがちです。

有名になりたいとか、お金がたくさん欲しいとか、好きなことだけしていたいとか。

 

でも私の場合は、自分本位になりすぎると失敗しがちという傾向がありました。

 

慎重で、責任感が強すぎる性格で、自分のことばかりしていると罪悪感が出てくるためだと思われます。

もしかしたら同じような人もいるかもしれません。

強みを見つける記事→「さあ才能に目覚めよう strengths finder 2.0」

 

そんな人は理想を考えるときに少しだけ「公のため」になることを考えてみてください。

すると自分本位になりすぎず、慎重で責任の強すぎる人でも理想を実行するための理由が生まれてきます。

それは行動の原動力になりますから。

 

この記事が同じような悩みを抱える人達に少しでも参考になればと思います。

よく、悩みを解決するには文字で書き出せば良いという話を聞きますが、どうやらそれは効果があるようです。

私自身この記事を書くことで思考がまとまりました。

よろしければ皆さんもまねしてみてください。

 

 

-その他, 人生哲学

Copyright© 耽想独歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.