国防

憲法への「自衛隊」明記について その3 私が明記に反対する理由と法律の改善案

更新日:

自衛隊の憲法明記""

こんにちは岩田タクです。

今日は「憲法への自衛隊明記」について私個人の意見を書きたいと思います。



結論

 

結論から言えば私は憲法への自衛隊明記に反対です。

もう少し細かく言えば、現在の自衛隊の体制を継続するような意味で憲法に書き込むことには反対です。

少々ややこしいですね。

以下に理由を書いていきます。

 

理由:明記すると自衛隊が国軍になりにくくなる

 

私は日本の国防のためには自衛隊を「軍隊」にする必要があると思います。

現在の自衛隊が以下に法律的な矛盾を含んでいるかは前回前々回の記事に書きました。

今のままでは方の縛りがきつすぎます。

国防の最前線は常に危険と隣り合わせです。

何が起こるか分かりません。

 

何が起きるか分からない状況においてポジティブリスト制では対処が遅れます。

日本に敵対する国は当然自衛隊の置かれた法的な立場について調べて、その弱点を突くように攻めてきます。

法の穴を突かれればポジティブリスト制の自衛隊は対処が難しくなります。

他の国の軍隊のようにネガティブリスト制にすることでグレーゾーンが減り、柔軟かつ迅速に対応できるのだと思います。

ポジティブリスト制の「自衛隊」からネガティブリスト制の「軍隊」への移行が国防を強化するためには必要だと思います。

 

しかし、憲法に自衛隊を明記してしまうと、自衛隊を軍隊に変えるときに、また憲法改正をしなくてはならなくなります。

国会で審議をして国民投票をしなければなりません。

それはとても労力がいりますし、今後憲法改正のチャンスが巡ってくるとも限りません。

ではどんな条文になればいいか?

 

たとえば、自衛隊を明記するにしても、

「国防のために自衛権を発動する際には自衛隊の行動は憲法9条により制限されない」

とするならばまあまあ良いのではないでしょうか?

実際にはこのような形が妥協点ではないか?という意見もあるようです。

 

しかし、この例文ではやはり自衛隊の本質は変わっていません。

いくら9条によって制限されなくとも自衛隊が自衛隊である以上は法的な縛りを受けます。

むしろ法律で縛られた状態の自衛隊が、いざ国防のために戦うとなった場合が恐ろしい。

いちいち行動が制限されたうえでの実践は当然消耗も多くなります。

 

『予備役の重要性について考える』でも書いたとおり、現在の自衛隊はその人数が最低限度に抑えられています。

その上で消耗が激しくなれば戦いにおいて不利になるのは当たり前です。

自衛隊を自衛隊のまま国防に使うことはむしろ自衛隊員の身の危険を増加させることになるのです。

 

ではどんな条文なら良いのか?

私個人としては現参議院議員の青山繁晴氏の案に賛成しています。

これは9条の第三項を加えるという話での立案です。

(以下引用)

「本9条は自衛権の発動を妨げない」

 

(引用終わり)

非常にシンプルです。

それでいて国防のための戦を視野に入れており、かつ自衛隊を明記しないことで国防軍への再編の可能性も残しています。

文章の意味が柔軟で今後の発展の余地を残しているという点からも私はこの案を推したいと思います。

まとめ

 

「憲法への自衛隊明記」の話は今回で一応終わりになります。

今後そう遠くない未来に我々有権者が憲法改正の判断をしなければならないときが必ず来ます。

そのときのために今から自分の考えを持っておくべきだと思います。

 

そして、その際には自分の世代のことだけでなく、未来の子供たちや子孫に良い国を残すために考えなくてはなりません。

なにげに私たちは重要な時代に生きています。

未来のために一役買うことができる。

それは素晴らしいことではありませんか。

 

 

-国防

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.