日本の文化

お手軽に座禅をやってみませんか?

更新日:

座禅""

お手軽に座禅をやってみませんか?

こんにちは岩田タクです。

今回のテーマは「座禅をお手軽に」です。



「座禅」ってなんだか敷居が高くてとっつきにくいイメージですよね。

やり方もいろいろあってよくわかりません。

でも実際やってみるとこれが結構素晴らしいんですよ。

そこで今回はとにかく「座禅をやる」ことに焦点を置いて書いてみたいと思います。

 

基本的な方法

 

1、姿勢

 

座禅って言うとあの座り方が思い浮かびます。

でもこの座り方をしなければならないってわけではありません。

私は固くてできません!

できない場合はあぐらでもOKです。

さらに椅子に座ったり、立った状態であったり、横になった状態でもOKです。

 

また、手の形も諸説あります。

結局はやっていく中で自分に合った形を見つけていくのがいいと思います。

なので、まずはリラックスできる形でやってみてください。

膝の上でもOKです。

 

ポイントは、

・頭から腰が一直線になり、下腹で深く呼吸ができること

・肩の力を抜く。リラックス~

・目は半眼、もしくは閉じる

・目線は少し先

・寝ている場合、手はお腹に置く(腹式呼吸を感じるため)

2、呼吸

 

鼻から吸って口からはくとか、鼻から吸って鼻からはく、とかいろいろありますが、これじゃなきゃいけない、ってものはありません。

 

ポイントは、

腹式呼吸、下腹に意識を集中

・普通に吸って、ゆっく~りとはく

(目安として、吸う時間の5~10倍の時間をかけてはく)

・腹を凹ませて中の空気を出し切るイメージ(無理はしない)

・ぼ~っとする感じ

・あくまでリラックスして、気持ち良く行う

 

3、時間

 

では、どのくらいの時間続ければいいのでしょうか?

これも目安はありません。

自分が集中できる時間で行ってください。

集中が途切れたら、意味がないので。

 

逆に集中していれば12分でも効果があります(個人差があります)。

慣れてきたら徐々に時間を伸ばしてみてください。

 

座禅の効果

 

・集中力が増す

・心が落ち着いて、乱れにくくなる

・自律神経を整える

 

これらの効果があると言われています。

例えば、5分間座禅をやってこれらの効果が得られれば、それってすごくコスパがいいじゃないですか?

 

なんでもコスパで語るのは良くないとは思います。

でも何かとストレスの多い現代。

自分で自分をコントロールできたほうが便利ですよね。

おわりに

 

以上とても簡単に坐禅の方法を書きました。

あえて簡単に書きました。

初めにも書いたとおり、座禅は誰にでも、どこでもできることを知って欲しかったからです。

 

椅子に座っていたり、立っていたり、寝た状態でもできます。

しかも、慣れればそんなに時間をかけなくてもできます。

電車に乗っている時、トイレに座っている時、待ち合わせの時にもできるんです。

 

そしてその効果はストレスの多い現代を生きるみなさんにとってはとても魅力的なものではないでしょうか。

もちろんお寺に行って本格的に座禅を体験するのもいいと思います。

雰囲気や環境も大切ですから。

 

しかし一方で、雰囲気や環境がなくとも、ポイントをおさえておけば「座禅」は成り立つ。

そのことを紹介したかったのです。

少しでも皆さんの役に立てば幸いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツムギ(紺)曹洞宗・座禅座布団 標準サイズ
価格:3888円(税込、送料別) (2018/6/12時点)

 

 

-日本の文化

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.