バイク

便利!!セロー250にツールバックを取り付けてみた

更新日:

セロー250ツールバッグ""

セロー250にツールバックを取り付けてみた

こんにちは岩田タクです。

今回は私のバイクにツールバックを付けてみたいと思います。



車載工具の他にもいざという時のために持っていたほうがいい道具はあります。

それらを入れるスペースを確保するために私なりのツールバックを考えてみました。

 

セロー250には車載工具があります

しかし、出かけていった先でのトラブルに対処するには車載工具だけでは少ないと思いました。

考え始めると、あれもいる、これも必要と、どんどんとモノが増えていきます。

 

しかし、悲しいなな。

セロー250には初めについてくる車載工具を入れておくギリギリのスペースしかないのです。

詳しくはこちら

セロー250ツールバッグ""

このスペースはバイクの両側にあります。

私は左側に書類、右側に工具を入れていました。

バイクで出かけるときに毎回工具類を準備するのはめんどくさいので常時バイクに積んでおけないものかとお思いました。

 

しかし、持っておきたい道具は多い。

するとこのスペースには入らない。

他にスペースはない。

ならば作るしかない!

 

ということでいろいろ考えました

 

その結果これを選びました。

セロー250ツールバッグ""

選んだポイントは、

・ある程度以上の道具が入る

・耐水

・「バイク用品」ではないので割かし安い

・カラーが選べる(セローとおそろいの緑にしました)

・丈夫そう(使ってみないとわからない)

です!!

 

中に入れた道具たち

 

中にはこんな道具を入れました。

セロー250ツールバッグ""

・もともとあった車載工具一式

・ミニモンキーレンチ

・ミニペンチ

・ソケットレンチセット

・パンク修理剤(Holts中型バイク用)

・ビニールテープ

・予備プラグ×2

・軍手

 

これらを用途に分けて、防水のための袋に入れてツールバックに収納しました。

こちらが収納後。

セロー250ツールバッグ""

余裕で入ります。

今後道具を買い足しても対応できそうですね。

 

取り付け

 

さて、これをバイクに取り付けるわけです。

バックの構造としては普通のウエストポーチです。

はじめはシートを外してベルトを噛ませるかとも考えました。

シートに挟んでいるぶん固定はされるのですが、これでは不格好でした。

 

カッコいいほうがいい。

ということで結局キャリアに取り付けました。

セロー250ツールバッグ""

キャリアに絡ませてからベルトを強く締め、余分なベルトをバックの下に隠しただけ。

簡単取り付けです。

それでも個人的にはまあまあだと思います。

ちなみにリアボックスをつけるとこんな感じ。

セロー250ツールバッグ""

干渉はしません。

 

走ってみた感想

 

特に違和感はありません。

何も気になりませんでしたし、ベルトも緩みませんでした。

フロントアップの練習しても大丈夫でした。

 

このバックは常時付けておきたいと思います。

いざという時の工具屋パンク修理剤を積んでいるということで心情的にはとても安心です。

もし気に入った方がいましたらどうぞ真似してください。

 

 

-バイク

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.