バイク

簡単にできる!!セロー250クラッチワイヤー調整法

更新日:

セロー250""

セロー250クラッチワイヤー調整法

こんにちは岩田タクです。 

今日はセローのクラッチワイヤー調整のやり方を書きたいと思います。

工具なしで簡単にできるので、困った際には参考にしてください。



方法

 

これが始めの状態です。

セロー250のクラッチ""

ここからカバーを外していきます。

ゴム製カバーなので引張りながら外します。

 

セロー250のクラッチ""

するとアジャスターボルト(写真の銀色の太いネジ)が出てきます。

このアジャスターボルトでクラッチワイヤーの調整を行うのですが、その前にすることがあります。

アジャスターボルトの調整をする前にアジャスター固定ナットを緩めます。

セロー250のクラッチ""

 

写真の指でつまんでいる部分です。

これをアジャスターボルト側に緩めます。

アジャスター固定ナットを緩めたらアジャスターボルトを回してクラッチの調整を行います。

セロー250のクラッチ""

 

アジャスターボルトをレバー側に持っていくとクラッチレバーの遊びが多くなります。

逆にレバーから離すと遊びが少なくなります。

調整の目安としては10mm~20mmの範囲内に収まり、人指し指の第一関節がクラッチレバーに掛かるくらいとされています。

調整が終わったら再びアジャスター固定ナットを絞めて、カバーを戻して作業完了です。

クラッチ調整をして思ったこと

 

私はセローに乗って二年になろうとしていますが、クラッチ調整をしたのは初めてでした。

というのも今まで普通に乗っている分には何ら不便はなかったからです。

 

しかし、興味本位でフロントアップの練習をするようになり、また、林道へ行く機会も増える中で

一本指でクラッチを切ると便利という情報を得ました。

そこで、自分のバイクでやってみるとどんなに握ってもクラッチが切れないではありませんか。

力いっぱい握っても僅かにつながっている状態でした。

それを改善したかったのです。

セロー250のクラッチ""

調整した結果。写真の状態でクラッチは切れています。

 

状況は見事改善されました。

ただ、注意としてはクラッチミートの場所が変わったことにより、乗っている感覚も変わります。

本の数ミリの変化のはずなのに、走っていると全然感覚が違います。

びっくりするくらい違います。

(私が乗り方下手なのか?)

 

なので、クラッチ調整をしたあとは慣らし運転をして感覚を確かめることを強くおすすめします。

私のバイクは中古で購入しました。

やはり人によって感覚は違いますから“まあ、いいや”で済ませるのではなく、自分に合うように調整したほうがいいと思います。

バイクへの愛着もわきますしね。

 

さて、実は年末年始の間にちょこちょことバイクをいじっていました。

今日からはそのレポート記事が続きます。

セロー好きの皆さん、お楽しみに!

 

 

-バイク

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.