天皇陛下について 歴史

いわゆる「人間宣言」その全容

更新日:

昭和天皇の人間宣言""

いわゆる「人間宣言」その全容

こんにちは岩田タクです。

前回の記事で「新日本建設に関する詔書」の事を調べていたら案外いいことが書いてあったので新たに紹介したいと思います。



詔書の原文と現代語訳

 

原文

茲ニ新年ヲ迎フ。顧ミレバ明治天皇明治ノ初國是トシテ五箇條ノ御誓文ヲ下シ給ヘリ。曰ク、

 

一、廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スヘシ

一、上下心ヲ一ニシテ盛ニ經綸ヲ行フヘシ

一、官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメンコトヲ要ス

一、舊來ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ

一、智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ

 

叡旨公明正大、又何ヲカ加ヘン。朕ハ茲ニ誓ヲ新ニシテ國運ヲ開カント欲ス。須ラク此ノ御趣旨ニ則リ、舊來ノ陋習ヲ去リ、民意ヲ暢達シ、官民拳ゲテ平和主義ニ徹シ、敎養豐カニ文化ヲ築キ、以テ民生ノ向上ヲ圖リ、新日本ヲ建設スベシ。

 

大小都市ノ蒙リタル戰禍、罹災者ノ艱苦、業ノ停頓、食糧ノ不足、失業者增加ノ趨勢等ハ眞ニ心ヲ痛マシムルモノアリ。然リト雖モ、我國民ガ現在ノ試煉ニ直面シ、且徹頭徹尾文明ヲ平和ニ求ムルノ決意固ク、克ク其ノ結束ヲ全ウセバ、獨リ我國ノミナラズ全人類ノ爲ニ、輝カシキ前途ノ展開セラルルコトヲ疑ハズ。

 

夫レ家ヲ愛スル心ト國ヲ愛スル心トハ我國ニ於テ特ニ熱烈ナルヲ見ル。今ヤ實ニ此ノ心ヲ擴充シ、人類愛ノ完成ニ向ヒ、獻身的努カヲ效スベキノ秋ナリ。

 

惟フニ長キニ亘レル戰爭ノ敗北ニ終リタル結果、我國民ハ動モスレバ焦躁ニ流レ、失意ノ淵ニ沈淪セントスルノ傾キアリ。詭激ノ風漸ク長ジテ道義ノ念頗ル衰へ、爲ニ思想混亂ノ兆アルハ洵ニ深憂ニ堪ヘズ。

 

然レドモ朕ハ爾等國民ト共ニ在リ、常ニ利害ヲ同ジウシ休戚ヲ分タント欲ス。朕ト爾等國民トノ間ノ紐帶ハ、終始相互ノ信賴ト敬愛トニ依リテ結バレ、單ナル神話ト傳トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。天皇ヲ以テ現アキツ御ミ神カミトシ、且日本國民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル觀念ニ基クモノニモ非ズ。 朕ノ政府ハ國民ノ試煉ト苦難トヲ緩和センガ爲、アラユル施策ト經營トニ萬全ノ方途ヲ講ズベシ。同時ニ朕ハ我國民ガ時艱ニ蹶起シ、當面ノ困苦克服ノ爲ニ、又業及文運振興ノ爲ニ勇往センコトヲ希念ス。我國民ガ其ノ公民生活ニ於テ團結シ、相倚リ相扶ケ、寬容相許スノ氣風ヲ作興スルニ於テハ、能ク我至高ノ傳統ニ恥ヂザル眞價ヲ發揮スルニ至ラン。斯ノ如キハ實ニ我國民ガ人類ノ福祉ト向上トノ爲、大ナル貢獻ヲ爲ス所以ナルヲ疑ハザルナリ。

 

一年ノ計ハ年頭ニ在リ、朕ハ朕ノ信賴スル國民ガ朕ト其ノ心ヲ一ニシテ、自ラ奮ヒ自ラ勵マシ、以テ此ノ大業ヲ成就センコトヲ庶幾フ。

 

御    名      御   

 

昭和二十一年一月一日

wikipediaより引用)

 

現代語訳

 

ここに新年を迎えました。
かえりみれば明治天皇は、明治のはじめに国是として五箇条の御誓文を下されました。
そこには、次のように書かれています。
一、広く会議をおこし、万機公論に決すべし。
一、上下心を一にして盛んに経綸(=経済活動)を行うべし。
一、官武一途庶民に至るまで、おのおのその志をとげ、人心をしてうまざらしめんことを要す。
一、旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
一、知識を世界に求め、おおいに皇基を振起すべし。
明治大帝のご誓文は、まことに公明正大なものです。これ以上、何をくわえるのでしょうか。
朕は、ここに誓いを新たにして、国運を開こうと思います。
私たちはもう一度、このご誓文の趣旨にのっとり、旧来のわるい習慣を去り、民意をのびのびと育て、官民あげて平和主義に徹し、教養豊かに文化を築き、もって民間生活の向上をはかり、新日本を建設するのです。
大小の都市が被った戦禍や、罹災者のなやみや苦しみ、産業の停滞、食糧の不足、失業者の増加・・・。
現在の状況は、まことに心をいためるものです。
しかし、私たち日本人が、いまの試練に真っ向から立ち向かい、かつ、徹頭徹尾、文明を平和の中に求める決意を固くして、結束をまっとうするなら、それは、ひとりわが日本人だけでなく、全人類のために、輝かしい前途が開けることです。
「家を愛する心」と「国を愛する心」は、私たち日本人が特に大切にしてきたものです。
いまや私たちは日本人は、この心をさらに押し広げて、人類愛の完成に向かって、献身的な努力をしていきましょう。
私たちは、長かった戦争が敗北に終わった結果、ややもすればいらいらと焦ったり、失意の淵によれよれになって沈んでしまいそうになります。
だからといって、過激な言動に流され、道義心を喪失し、思想を混乱させてしまうのは、心配にたえないことです。
しかし、朕は、常に汝ら臣民とともにあります。
朕は、常に皆さんと利害を同じくして、喜びも悲しみも一緒にわかちあっています。
そして、朕と汝ら臣民との間のきづな(=紐帯)は、終始相互の信頼と敬愛とによりて結ばれているものです。
それは、単なる神話と伝説によって生じているものではありません。
そしてそのことは、天皇をもって現御神とし、かつ日本国民をもって他の民族に優越せる民族として、ひいて世界を支配すべき使命を有するなどという架空の観念に基づくものではありません。
朕の政府は、国民の試練と苦難とを緩和するために、あらゆる施策と経営とに万全の方策を講じます。
同時に朕は、わが国民が、当面する難題に対処するため、心を定めて行動し、当面の困苦克服のために、また産業および学問、技術、芸術などの振興のために、ためらわずに前進することを希望します。
わが国民がその公民生活において団結し、互いに寄り合い、援けあい、寛容で、互いに許し合う気風を盛んにするならば、からなず私たち日本人は、至高の伝統に恥じない真価を発揮することができます。
そうすることで、私たちは人類の福祉と向上とのために、絶大な貢献をすることができます。
一年の計は元旦にあり、といいます。
朕は、朕の信頼する国民が、朕とその心を一にして、みずから奮い、みずから励まし、もってこの大業を成就することを願います。
御名 御璽
昭和21(1946)年1月1日

(「大和心を語るねずさんのひとりごと」より引用http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1051.html

 

めっちゃいいこと書いてあるじゃないですか。

お言葉の一つ一つから昭和天皇の国民に対する愛情が感じられます。

絶望していた人も多かったであろうあの時代、この詔書に励まされた人も少なくなかったのではないでしょうか?

 

詔書の中では「五箇条の御誓文」を持ち出しています。

これは1868年に明治天皇がお示しになった新政府の基本方針で、一般国民にも発布されました。

明治新政府ができてから「大日本帝国憲法」ができるまでには約20年かかっています。

その間新政府は憲法なしで国を運営しなければなりません。

そこで作られたのが「五箇条の御誓文」でした。

これは日本独自の民主主義の現れです。

訳を読んで分かるようにいいことが書いてありますね。

よく「日本の民主主義はアメリカに教わった」なんて言いますが、違いますね。

日本には日本独自の民主主義が昔からあったのです。

そして、敗戦の時期にもう一度「五箇条の御誓文」を持ち出し、日本の誇りを忘れずにも一度頑張ろうとおっしゃいました。

 

また、詔書の中では「然レドモ朕ハ爾等國民ト共ニ在リ、常ニ利害ヲ同ジウシ休戚ヲ分タント欲ス。」とあり、「朕ト爾等國民トノ間ノ紐帶ハ、終始相互ノ信賴ト敬愛トニ依リテ結バレ」ともあります。

天皇と国民のつながりは単に民と天皇というだけではなく、お互いに辛苦を共にする仲であると言っています。

国民と王様のこのようなつながりは世界の国々では見られません。

過去の記事「⑩無防備な城に住む天皇陛下~他国の王様との決定的な違い~」にも書いたとおり、天皇は国民に寄り添って国を統治します。

 

西洋の過去の王様のように民から搾取する存在ではないのです。

だから日本では革命は起きていません。

天皇は国民と結びついているものであり、そんな天皇を革命によって打倒する意味はありません。

このことで日本は2000年以上も国が続いてきたのだと考えます。

また、これが日本の強さであり、GHQが排除したかったことでもあります。

 

まとめ

 

今回は「新日本建設に関する詔書」を紹介することで

 

・敗戦の時期に昭和天皇はどのようなお気持ちで国民に寄り添おうとしたのか

・日本型の民主主義が存在していたこと

・国民と天皇のつながりは西洋文化にはない概念であり、それが2000年以上国が続いた大きな理由ではないか

 

ということを書いたつもりです。

きっかけは「人間宣言」でした。

なんでも調べてみると面白いものですね。

 

-天皇陛下について, 歴史

Copyright© 耽想独歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.