日本の文化 歴史

知られざる「蛍の光」 3,4番の歌詞があることを知っていましたか?

更新日:

蛍の光""

知られざる「蛍の光」

こんにちは。岩田タクです。

今回のテーマは卒業式などでお馴染みのこの曲、「蛍の光」です。

みなさんはこの曲に3番、4番の歌詞があることを知っていましたか?



「蛍の光」の成り立ち

 

この歌はもともとスコットランド民謡「オールド・ラング・サイン」という曲です。

この曲は世界中に広がり、日本には明治10年頃に入ってきます。

その時に日本語の歌詞が付けられ、「蛍の光」という名前になりました。

当時の尋常小学校で使われた日本初の音楽の教科書に載り、そこから歌われるようになりました。

 

みんなが知っている「蛍の光」

 

まずはお馴染みの「蛍の光」です。

出典:合唱100曲

歌詞 

 

1、蛍の光 窓の雪

書(ふみ)読む月日 重ねつつ

何時(いつ)しか年も すぎの戸を

開けてぞ今朝は 別れ行く

 

2、止まるも行くも 限りとて

互に思ふ 千万(ちよろづ)の

心の端を 一言に

幸(さき)くと許(ばか)り 歌ふなり

 

現代語訳

 

1、 蛍の光や窓から入る雪明かりで

書物を読む日々を重つつ(蛍雪の功)

いつの間にか年月が過ぎ去り

今朝は杉でできた扉を開けて(学友と)別れていく

 

2 、ふるさとに残る者も出るものも

今日限りでお別れということで

互いにいろいろと思う

心の端々を一言で

「無事で」とばかりに歌うのだ

 

1番、2番はみなさん知っていると思います。

よく卒業式で歌われますね。

改めていい曲ですね。

しかし、「蛍の光」にはこの続きがあったのです。

 

あまり知られていない3番、4番

 

 出典:taiki jaen

 

歌詞

 

3、筑紫(つくし)の極み 陸(みち)の奥

海山遠く 隔つとも

その真心は 隔て無く

一つに尽くせ 国の為

 

4、千島の奥も 沖繩も

八洲(やしま)の内の 護りなり

至らん国に 勲(いさお)しく

努めよ我が兄(せ) 恙無(つつがな)く

 

 

現代語訳

 

3 、九州の果てから東北の奥まで

海や山が遠く隔てたとしても

その真心は隔てなく

ひたすらに尽くせ お国のために

 

4、千島列島の奥も沖縄も

日本の領土である

日本の支配が届かない国には勇敢に

「仕事」をしてください男性のみなさん どうぞご無事で

 

さて、いかがでしょうか。

3、4番だけ見るとバリバリの軍歌のように見えますね。

でも、それは現在の価値観で見るからです。

時代は明治です。

この頃は日本は近代化を遂げたばかりの小国でした。

必死になって国力を高めている時期です。

この時期に頑張ったからこそ後の日清、日露戦争で(辛くも)勝利することができました。

 

弱肉強食の世界に出たばかりで、攻められれば植民地になることは必至。

そうならないようにしなければならない。

それには勉強して強くならなければなりません。

この歌詞もそうです。

 

学校で勉強して、学友との別れを惜しむけれど、その後は学校で得た知識を使って国を守るために尽くそうと言っています。

時代背景から見たら別におかしくはないと思います。

 

しかし、現在は34番は歌われていません。

理由としては、戦後になって帝国主義とも取れる歌詞が嫌遠されたから。

また、もともとは日本の領土であった千島列島は戦後ロシアに不法占拠されており、実質的には日本の領土とは言えないから。

らしいです。

前者は百歩譲って分かるとしても、後者は意味が分かりません。不法占拠されているなら取り返さねば!!

 

まとめ

 

今回この記事を書いたのは、まずは「蛍の光」の本当の歌詞を知ってもらいたかったから。

また、その上で、現代の価値観ではなく当時の歴史的背景からモノを見るという視点の転換を味わって欲しかったからです。

「蛍の光」の知られざる歌詞をぜひ周りの方にも教えてあげてください。

 

蛇足。。。

 

よくデパートの閉店時間に「蛍の光」が流れますね

実はあの曲「蛍の光」とは少し違うのです。

 

原曲の「オールド・ラング・サイン」はアメリカに渡り、3拍子でアレンジされ、「Farewell Waltz」という曲になりました。

Farewell Waltz」はアメリカの映画「哀愁Waterloo Bridge」のBGMとして使われました。

映画「哀愁Waterloo Bridge」が日本にわたってきた時にこのBGMが気に入られ、日本では「Farewell Waltz」を「別れのワルツ」として発売しました。

それがデパートなどで使われているのです。

 

出典:babironia 1001

 

メロディーは同じだけど、日本の「蛍の光」とは出自が別ということです。

(曲としては同じと言ってもいいのだろうか?)

以上蛇足でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

螢の光のすべて 改定版 [ (童謡/唱歌) ]
価格:3195円(税込、送料無料) (2018/6/10時点)

 

 

-日本の文化, 歴史

Copyright© 耽想独歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.