書評

【書評】さあ、才能に目覚めよう 新版 STRENGTHS FINDER 2.0

更新日:

書評

こんにちは岩田タクです。今回は書評記事です。

今回紹介するのは『さあ、才能に目覚めよう 新版 STRENGTHS FINDER 2.0』という本です。



性格診断の自己啓発本

性格診断でしたらこの他に様々な本がありますし、ネットでもいろんなサイトがあります。

他の性格診断とこの本の違いは「強み」を見つけてくれることにあります。

自分の「強み」を把握し、その才能を伸ばすことでその人の能力をしっかりと発揮することができる。

そうすることで会社や社会により貢献することができる。

 

本書はなかなか上手く自分の能力を発揮できない人へのいいアドバイスになるのではないかと思います。

 

「強み」とは何か?

 

本書はこのような書き出しから始まります(以下本書より引用)。

社会は常に人々の短所に焦点を当てる。

弱点を直すことを中心に回っている世界で生きることには、もううんざりしていた。

短所ではなく長所を伸ばすことにエネルギーを注いだほうが、日とは何倍もの成長を手に入れることができるのだ。

(引用終わり)

 

この時点でなんとなく思い当たることがある方がいるのではないでしょうか?

日本では特に弱点を克服することが重要視される傾向にあると思います。

確かにそれもいいことだと思います

 

しかし、弱点を克服しても能力のバランスは良くなりますが、能力値が高くなるわけではありません。

それに人間自分の弱い部分を鍛えるのはいやなものです。

ストレスになりますし。

 

そうではなく、自分の得意な部分を伸ばせばいいんじゃないか。

そうして特化した能力でもって社会や会社に貢献すればいい。

それに、得意なことをする方が自分も楽しいしね。

 

この本ではそんなことを言っています。

 

また、この本では「強み」を次のように定義しています(以下本書より引用)。

 

才能(頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン)

×投資(練習やスキル開発、知識を身に付けるためにかける時間)

=強み(常に完璧に近い成果を生み出す能力)

(引用終わり)

webで診断テスト

本の巻末に「STRENGTHS FINDER」のサイトへのアクセスコードが書かれた袋綴じがついています。

 

本書の前段を読んだ後にこのサイトへアクセスして診断テストを行います。

質問に対して「はい」か「いいえ」で答える形式です。

このテストを行うことであなたの強みベスト5を知ることができます。

ただしこのテストは30~40分かかります。

 

時間に余裕のあるときに、落ち着いて行うといいです。

 

「強み」を知り、活かす

 

テストを受けて自分の「強み」が分かったらその解説に進みます。

本を見てもいいですし、そのままサイトでも見ることができます。

この本の特徴として「強み」の活かし方だけではなく、その「強み」による弱点も書いてあります。

ここが単なる性格診断サイトとの大きな違いです。

 

自分の「強み」を伸ばすには弱点も知っておかなくてはなりません。

弱点を知ることで自分が陥りやすい失敗を知ることができます。

個人的にはこのことが役に立っています。

 

自分の「強み」を知ったあとはさらに本書を熟読し、どうすれば自分の能力を発揮しやすくなるのか?

また、自分がやってはいけないことは何か?

そんなことをしっかり分析してみてください。

まとめ

 

私の「強み」トップ5は、1原点思考、2慎重、3責任、4調和性、5共感 でした。

私はこれまで周りの人の反応を必要以上に気にしすぎるためにおどおどすることがありました。

 

自分が失敗して人から強く言われるととてもストレスを感じました。

ときにはそれがイヤになることもありました。

しかし、それは「慎重」や「責任」、「共感」という「強み」の裏返しだったのです。

 

そう考えたとき、なんだか少し肩の荷が降りるような気がしました。

逆に自分の持つそれらの「強み」を生かす方法を考えるようになりました。

有り体に言えば、少し前向きに生きることができるようになりました。

 

この本はある人に勧められたのですが、その人には感謝しています。

そして、私が読んでよかったと思うこの本をみなさんにも紹介したいと思いました。

 

現代の荒波を生きる皆さんは少なからず悩みを抱えていることと思います。

時には落ち込んだり、嫌になったりすることもあるでしょう。

しかし、それはもしかしたらあなたの「強み」によるものかもしれないのです。

 

自分の才能のために思い悩んでいるだけかもしれないのです。

だったら悩んでいるより、才能を伸ばすことを考えるべきだと思います。

そうすることで人生楽しく生きることができますから。

 

この本は私が人生の考えを改めるきっかけになった本の一つです。

私の拙い体験が皆さんの悩みを軽くする一つのきっかけになればいいなと思って今回の記事を書きました。

どうかみなさんが自分の才能に目覚め、楽しい人生が送れますよう!!

 

 

-書評

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.