国防

日本国憲法ー9条と改憲2 憲法9条をわかりやすく解説してみた

更新日:

日本国憲法

 日本国憲法 第9条について 



さて、今度は日本国憲法の中でも最も論議をかもしているこの問題について書いていきたいと思います。

「憲法第9条」についてです。

9条があるから「平和憲法」であると言われています。

また、逆に9条があるから戦えず、国を守れないとも言われます。

この問題については憲法解釈の違いもあり、発言する人々によって180度意見が食い違います。

 

テレビの討論番組なんかでは何時間も話し合った挙句、結論は出ない、ということがほとんどで、

見ている方はなんだかモヤモヤしますね。

もちろん意見は人それぞれでいいはずです。

ただ、今回は分かりやすさを重視し、なるべく完結に書きたいと思います。

 

9条の分析

 

まずは原文を見てみましょう。

第9条 

 

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 

 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない

 

①素直に見てみる

 

国の最高法規たる憲法はやはりわかり易くなくてはいけません。

そこに書いてあることは全ての日本人が理解できるべきであると思います。

もちろん子供でも分かるべきだと思います。

解釈によって副次的な意味を持たせるならばいっそわかりやすく変えるべきです。

 

そこで、小学生になった気分でこの条文を見てみましょう。

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は」「永久にこれを放棄する」とあります。

日本は戦争をしないんだ、ということがわかります。

 

また、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」さらに、「交戦権は」「認めない」とあります。

日本は軍隊や他の戦力を持たないで、戦争はしないんだということがわかります。

1項、2項を通して、「日本は戦争しない」ということが書いてありますね。

これが「平和憲法」たる所以だという意見があります。

 

②戦争を放棄すれば平和か?

 

たしかに、戦争の放棄を謳っているこの憲法は素晴らしいようにみえます。

 

でも今日本は平和ですか?

 

この前もJアラートなりましたよね。

北朝鮮はミサイルを打ってきます。

日本人を拉致しています。

中国は沖縄を狙っています。

韓国は竹島を占領しています。

ロシアとは北方領土の問題があります。

全然平和じゃないですね。

 

日本がいくら戦争を放棄しても相手も戦争を放棄しなければ意味がないということです。

つまり9条を平和憲法たらしめるのは「相手国にも9条がある」ことが大前提があってこそではないでしょうか。

この事から現在の9条だけは平和憲法には値しません。

不十分です。

 

つづく

次の記事ではもう少し9条について掘り下げたいと思います。

さらにあまり認識されていない憲法9条の実害についても書きたいと思います。

9条は本当に平和憲法か?

なんとなくの認識にメスを入れます。

次回もよろしくお願いします!

 

※憲法の解釈について

現憲法はその歴史的な背景(GHQに押し付けられた)ゆえ、当時の人々がなんとか日本に有利にしようと言葉をいじくりまわした結果の文章です。

表面ではGHQの意向にそいながらもその真意の部分では日本の意見を言っている(と思しき)条文も見られます。

解釈がいろいろあってしかるべきなのです。

その事も含めて、現代日本に合うように憲法は変えるべきと思います。

 

「日本国憲法ー9条と改憲3」へ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国民の修身 [ 渡部昇一 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/6/6時点)

 

 

-国防

Copyright© 耽想独歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.