日本の文化 歴史

勤労感謝の日という嘘~元々は新嘗祭だ~

更新日:

新嘗祭と勤労感謝の日""

皆さん明日は勤労感謝の日です。

人によっては休日出勤で、「勤労に感謝する日なのに休めなーい」なんて冗談を言ったことがあるはず。



そもそも、勤労感謝の日とは「国民の祝日に関する法律」によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日だそうです。

でも実はこれ、もともと日本にあった祝日ではありません。

 

 

勤労感謝の日は戦後にできた祝日

 

しかも、戦前にあった「ある祝日」を変えて、この「勤労感謝の日」にしているのです。

その「ある祝日」とは「新嘗祭」です。

新嘗祭とは神道の儀式のことで、簡単に言えば収穫祭です。

 

天皇陛下がその年に取れた五穀の収穫をお祝いするお祭りで、古くは飛鳥時代に始められたらしい、由緒ある国家行事です。

国民が生きていくために欠かせない食料。

その収穫を天皇が祝い、国民も収穫に感謝する日。

だから休日になっているのです。

 

本来であれば新米も新嘗祭が終わるまでは食べません。

新嘗祭で新米を神様に献上して、人間はそのあとに食べるのです。

 

「そんなのただの宗教じゃないか」と思う人もいるかもしれません。

たしかに新嘗祭は宗教行事です。 

古くから日本にあり、歴史や文化と根本の部分で絡み合い、ひいては我々日本人を形成する重要な要素になっているものの一つが神道です。

たかが宗教と言って一蹴できるものでは決してありません。

 

もちろん洗脳なんかでもありません。

神道に限らず宗教はその国の民族の根幹を築く要素の一つです。

 

新嘗祭がなくなったわけ

 

戦後GHQによって新嘗祭が勤労感謝の日に変えられました。

これはGHQが日本国民と天皇陛下との絆を断ち切るべく行った政策の一つです。

新嘗祭ばかりではありません明治天皇の誕生日は文化の日に、昭和天皇の誕生日はみどりの日になりました。

 

ではなぜGHQは天皇と国民を切り離したかったのか?

そもそもGHQの目的は日本弱体化です。

日本を弱らせるために彼らは日本の強みを研究しました。

そして行き着いた答えの一つが天皇とのつながりであり、そこから生まれる愛国心だったのです。

 

定期的に訪れる国民の祝日を変えて、天皇や神道への携わりをなくそうとしたのです。

一見地味に見えますが、戦後70年を超えてくるとこの効果がじわりじわりと聞いてきます。

国の宗教はその国の思想や文化の根本を支えるものです。

 

年月が立ち、「勤労感謝の日」に馴染んだ世代が親になり、その子供を教育するようになります。

当然その子供は「新嘗祭」なんて知りません。

もちろんテレビや新聞、教科書でも教えてくれません(これらに対してもGHQは情報操作を行っています)。

 

結果自然と国民の心は「新嘗祭」から離れ、見かけだけの「勤労感謝の日」に慣れ親しんでしまいます。

「勤労に感謝するんだ」というそれらしい祝日に納得してしまうのです。

 

そこでこの記事を見てくださった皆さん

 

「勤労感謝の日」ではなく、もう一度「新嘗祭」を復活させませんか?

大げさなプロジェクトではありません。

 

ただ、皆さんの家族や友達に上記のことをちょっと言って見て欲しいのです。

そして、普段よりも少しだけ感謝を込めて「いただきます」と言う。

まずはじめはこれで十分です。

大切なのはきっかけですから。

 

小さなきっかけから始まって大きな理解につながればいいのです。

この国に生きるものとして収穫された作物に感謝する。

また、今年も収穫できたことを神様に感謝する(日本の多くの神様は自然や、自然現象です)。

何もおかしいことはないはずです。

 

参考までに

「愛国心は洗脳か?」

「祖国に自信を持とう」

 

 

 

 

 

 

-日本の文化, 歴史

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.