バイク

セロー250ってこんなバイク! その①セローについての基本的な解説

更新日:

セロー250ってこんなバイク!

セロー250""

こんにちは、岩田タクです。

今回の記事は息抜き的に私の趣味のバイクについて書いていきたいと思います。





私は2016年にバイクの免許を取り、まだ1年ちょっとしかバイク歴がありません。

しかし、その短いバイク歴の中でも、バイクは本当に楽しい乗り物だということを日々感じています。

 

そこで今回はそのバイクの魅力を一人でも多くの人に伝えるべく、バイク歴約1年の私ですが、自分の乗っているバイクについて紹介していきたいと思います。

私の乗っているバイクはこれっ!!

 

セロー250でございます。

セロー250""

もちろん1台目です。

 

なんでこのバイクを買ったのかといえば、あえて一言で言えば、「どこにでも行けるから」です。

私はバイクに乗ったら公道だけではなく、車ではいけない山道に行ってみたいと思っていました。

そこでいろいろ調べてセローに行き着いたわけです。

 

バイク王の中古でいいのがあって即決しました。走行距離1400km、2012年式。FI車です。

スクリーンとリアキャリアははじめから付いていて、さらにリアボックスとハンドルガードを自分で取り付けました。

 

見ての通りオフロードバイクで砂利道や山道も走ることができます。さらに小回りがきき街中で乗っていても操作が楽。

そして、高速だって乗れちゃいます。

これら操作性や特徴についてはのちのち書いていきたいと思います。

特にこれからセローを買おうと思っている方、またはどのバイクを買えばいいのか迷っている方の参考になれば幸いです。


 

1外見

まずは外見から見ていきましょう。

セロー25セロー250""

 

この緑のカラーの美しさがセローを選んだ理由の一つです。

ホイールの金色もいいアクセントになっています。

 

セロー250は色々なカラーパターンが発売されていますが、私はこの緑色がオススメです。

山に行くと特に思うのですが、この緑のカラーは日本の自然に良く似合うと思います。

 

 春の新緑に。

 夏の青空に。

 秋の紅葉に。

 冬の雪道に(危険)。

 

この少し素朴ながらもしっかりスタイリッシュなカラーデザインは素敵です。

YAMAHAさん、さすがっす。

細かい部分を見ていきましょう。

 

セロー250のマーク""

 

言わずと知れたセローマーク。

セローはカモシカという意味です。

山の中を颯爽と駆け巡る様が想像できますね。ちなみにカモシカはウシ科です。

 

 

 

セロー250のライト""

どことなくエヴァ零号機に似ていると思いませんか?

この顔が気に入ったのも購入動機の一つです。

カッコイイ!!

 

 

エンジン

セロー250のエンジン""

250cc空冷単気筒4ストローク2バルブSOHC。

 

この呪文が言えるという自己満足。

シンプルでありながら低速から高速までをこなすスグレモノ。

トルクが太くて、逞しい。道を間違えた山道でひとり心細い中で聞くこのエンジン音の頼もしさったらないです。

 

なにげに気に入っているマフラー

セロー250のマフラー""

メカっぽくてカッコイイ。

こけて傷つけちゃった。

 

メーター周り

セロー250のメーター""

スピードメーター、ODOメーター、TRIPメーター、時計のみ!!。

 

必要最低限のシンプルな表示。

 

タコメーターがない → 回転数は体で感じろ!

燃料系もついてない → 走った距離で給油だっ!!

ギア表示もない → 数えろっっ!!!

 

セローは体で感じるものなんだっ(悟)!

 

左ハンドル周り

セロー250のハンドル""

 

なにげにハザードがついている。

地味に便利。

 

さて、外観はこんなところにしておきましょう。

 

次回はセロー250の特性について書いていきたいと思います。

セローは発売30年以上のロングセラーモデル。

外見だけでなく、性能もすごいんです。

 

お楽しみに!!

「セロー250ってこんなバイク その②」へ

 

 

 

 

 

 

-バイク

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.