天皇陛下について

日本国において天皇陛下とはどのようなご存在か ⑧「平成天皇」は間違い

更新日:

⑧「平成天皇」は間違い

平成""

 

今回は少し息抜き的なお話。天皇陛下の呼び方についてです。

コラムと思って読んでください。



世間のニュースでは普通に「平成天皇」という呼び方をしています。

でも、実はこれ間違いなんです。

 

正しくは「今上天皇(きんじょうてんのう)」。

このブログでも何回かこの呼び方をしています。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

 

 

天皇陛下の呼び方のルール

 

現代の年号(今は平成)については今の世の中を治めている天皇ということで「今上天皇」という呼び方をします。

天皇はご崩御なさってからその時代を治めた天皇ということで年号で呼ばれることになります。

 

平成の現代だから「昭和天皇」とお呼びするのです。

昭和の時代には昭和天皇は「今上天皇」ということになります。

 

つまりは天皇の呼び方は時代によって変わり、現在ご生存なさっている天皇については「今上天皇」、そして、その年号が終わってから(御譲位又はご崩御されてから)年号で呼ばれるようになります。

 

では最近話題になっている「天皇が崩御する前にご譲位なさる」場合についてはどうでしょうか?

今までは天皇陛下が崩御なさることで譲位して、年号が変わりました。

しかし、譲位の場合はそうはいきません。

今上陛下がご生存のまま平成が終わり、新しい年号に変わります。

その場合、今上陛下は「平成天皇」と呼ぶことになるのでしょうか?

 

はっきりしたことは今の時点ではわかりません。

 

個人的には年号が変わったんだから今上天皇はご譲位して平成天皇と呼ばれるのではないかと思いますが・・・。

そんなちょっと細かいニッチなところも、知っていれば興味の種になります。

 

そして天皇陛下の事柄については今後大きなニュースとなり、また、私たちの生活にも大きく関わってきます。

もうすでに水面下では様々な動きがあることと思います。

 

 

我々一般国民の知るところとなる時には、それが既に決定事項となっていることでしょう。

表に出てきてからでなければ知ることができないというのはイッパンピーポーの宿命ではあります。

でも、その時に興味があるかないかでその後が変わってくるのだと思います。

 

 

つまりは何も知らずに時代に流されるか、もしくは時代の動きを見ながら流されるか。

何も知らずに流されたほうが楽ではありますが、私はそのような生き方はしたくありません。

ちょっとでも知識や興味を持って、流されるにしても自分の生きる時代をよく見ながら流されたい。

 

それには興味や好奇心が不可欠です。「まあ、いいや」という思いはあきらめに他なりません。

 

僭越ながら、この記事が読書の皆様の興味や好奇心の種になることを願います。

 

「⑨古事記:「民のかまど」のお話」へ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

平成紀【電子書籍】[ 青山繁晴 ]
価格:554円 (2018/5/31時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

-天皇陛下について

Copyright© 耽想独歩 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.